Brand Concept

女性ひとりひとりの美しさと幸せのために

La Coquine(ラ コキーヌ)は、女性のためのアクセサリーブランド。
ひとりひとりの個性を尊重しながら、その方に合った美を追求していくお手伝いをします。

“十人十色”など、人の個性を色で表現する事があるように、ひとりひとり似合う色はそれぞれ違います。
色が持つ“人に影響を与える力”に着目し、身に着けた時にハッピーな気持ちになっていただくために黒を一切つかわない世界観で、数多く存在する色の中からその方が一番心地よく美しくいられる配色を提案します。

Designer Profile

沼本真希 Maki Numoto

1983年 岡山県岡山市生まれ。千葉県柏市で育つ。
2002年 東京藝術大学美術学部に入学。

大学では工芸科鍛金を専攻し、金属加工技術を学ぶ。
卒業後はファッション業界で販売・バイヤー・マーチャンダイザー・企画職を経て、2015年9月に独立。
アクセサリーブランド「La Coquine」を立ち上げる。
ファッションが大好きで、色々なジャンルのコーディネートを楽しんできた中で、買い付けの仕事で訪れたParisに魅了され、現在は往年のフランス女優やアンティーク・ヴィンテージジュエリーやファッションに影響を受けながらデザインし、 確かな技術と独自の色彩感覚を掛け合わせ、他には無いオリジナルのアクセサリーを制作。

La Coquine Style

一つ一つの金属のパーツとパーツをロウ付けする「よせもの」という、今では珍しい伝統的技法をもちいて制作しています。
更に、長年の独自の技術と研究で美しい輝きと発色を有し、その品質が世界中で保証されているスワロフスキー®・クリスタルを使用し、 まるで宝石のような心踊るアクセサリーを一点一点手作業で作りあげています。